あなたは18歳以上ですか?

当ページは成人向けコンテンツを含んでおります。
その為、18歳未満の方はサイト内への入場・閲覧をお断りいたしております。
当サイトを閲覧したことによる損害につきまして当社では一切責任を負いかねます。
ご了承いただいた上でご入場ください。

BLIC出版の最新情報をお届け!
イベント
2020年12月28日

本日、ブリック出版のサイトを正式リリースいたしました!

正式リリースを記念して、ブリック出版より作品を配信させていただいている作家様からコメントを頂きましたので掲載いたします!

 

十日草輔 配信作『王様ランキング


—————————————————————–
電子を個人で出版しているのですが、法人でないと出版できない電子書店が非常に多く、
そういった場合にブリック出版さんにお願いしています。
多くの人の手に届き、読んでもらえるので非常に助かります!
—————————————————————–

 

大島永遠 配信作『女子高生はバカである。』など


—————————————————————–
元々即売会中心で自費出版の創作漫画を販売していたのですが、
BookLiveさんでの配信が始まり、作品を知って頂く機会が格段に広がりました。

また、電子化されていなかった商業単行本でもお世話になりました。
同人誌も商業誌も、絶版になってしまったら新たな読者様にお手に取って頂く機会は殆どなく、
再販も印刷代や倉庫代などのリスクを伴う為、出版社、個人出版共になかなか踏み切れないのが現状です。

一方で電子書籍では在庫切れの心配もなく、産み出した作品を半永久的に販売ルートに乗せていただくことができます。
長期シリーズに亘る作品も安心して創作を続けることができるのは、BookLiveさんのお力添えがあってこそです。

感謝しております。
—————————————————————–

 

ひみつ 配信作『大学ではじめて恋人ができた人の話【同人版】』など


—————————————————————–
作家個人ではハードルの高い電子書籍の配信をお任せできて助かっております。
担当者さんも丁寧に対応して下さり、こちらからも色んなことを相談しやすいです。
過去の既刊がたくさんある作家さんはこの機会にどどーんと配信をはじめてみてもいいかと思います!
—————————————————————–

 

あららぎあゆね 配信作『リンナ警部は呼吸ができないex』など


—————————————————————–
電子書籍配信について安心してお任せできます!
電子にすることによって新たな層の方々に読んでいただくことが出来、読んで下さる人の幅がとても広がりました!
—————————————————————–

 

川崎順平 配信作『死期のエッセイ』など


—————————————————————–
電子書籍の個人出版の場合、自分でやらなくてはいけない各書店への取り次をしっかりやっていただけるのでとても気が楽です。
その取り次先も多く、嬉しい収入源にもなってます。
商業誌の単行本発売時期に合わせた施策を提案してくれるなど、売り時もしっかり考えてくれるの安心して作品を任せることができてます。
—————————————————————–

 

黒金さつき 配信作『お隣さんと援交性活』など


—————————————————————–
ブリック出版さん公式サイトオープンおめでとうございます!!
ブリック出版さんに作品配信をお願いしてるおかげで、同人に今まで興味の無かった方にも読んでいただける機会が増え、こちらの売り上げも伸びて本当に助かってます!!
担当さんにも分からない事とか気軽に聞けるので初心者の方にもおススメです。
—————————————————————–

 

山本善々 配信作『隷属魔王』など


—————————————————————–
もう売り切ったと思っていた同人シリーズが主要な収入源として復活して大変ありがたかったです。
出版社を介さず自分で本を出したほうがいいんじゃないか?という意見が大勢を占めつつある昨今のエロ漫画市場において、
「作品を個人では届かないユーザー層に届けてもらう」というのはこれからの作家と企業との関わり方において重要なあり方の一つになると思います。
これからもガシガシお世話になっていくつもりです。よろしくお願いします。
—————————————————————–

 

まるころんど 配信作『姪っこな少女の絵本』など


—————————————————————–
何かコメントを…とのことなので、まずは…利用させて頂いて数年経ちますが、
ブリック出版がBookLiveインディーズコミックの略であることを今回初めて知りました。

そして利用してよかったことですが…むしろよかったことしかありません。マイナスな点はゼロです。

まず第一に手間がかかりません。
なにせ、データを渡してしまえば、レギュレーションに沿った電子書籍用データへの加工はすべてやっていただけますので、私がやることと言ったらあとはチェックくらい。
そしたら読者さんがたくさんいる電子書籍市場に自分の作品を放ってくれますのでホントにありがたいです。
しかもときには広告まで打って頂けます。通常、広告なんてこちらから広告費を払ってお願いすべきものなのに、ホントにいいんでしょうか?って感じです。
言葉は悪いですが、勝手にデータを作って勝手に売って勝手に売る努力をしてお金だけくれる、そんな感じです。

第二にデータの有効活用ができる。
同人誌の場合、イベントや書店委託、データ版ならダウンロードサイトなどで販売したらそれで終了です。旬を過ぎてしまうと、へたをするとそのまま日の目を見なくなる作品もあります。
しかし、BookLiveさんはそれらの作品を電子書籍としてよみがえらせ、新たな読者さんのもとへ届けてくれます。言わば資産運用のようなものです。
何年も前に描いた作品が新作として発売され、ランキングに載っていたりしたら、飛び跳ねて喜びます。

第三に新たな読者層を開拓できる。
これが一番大きいかもしれません。せっかく描いた作品、なるべくたくさんの人に読んでもらいたいもの。
拡大し続ける電子書籍の世界では、同人誌やダウンロードサイトとはまた違う読者層の方々に読んで頂けるので、自分の作品を幅広く知って頂けるチャンスだと思います。
—————————————————————–

2020年11月20日

ブリック出版がCOMITIA134に企業出展いたします!
配信相談などを受け付けますので、ぜひお立ち寄りください!

 

詳しくはコチラ!

2020年11月20日

ブリック出版の公式HPを開設しました!
正式オープンは2020年12月予定です!


配信希望・お問い合わせは
こちらから

ご興味がある方はこちらから!
ご相談だけのお問い合わせや資料請求もOKです!

【応募する前にお読みください】
個人情報の取り扱いについて